長い時間パソコンやスマホを見続けて、急に遠くを見ると遠くがぼやけたりかすんで見える、この現象の正体って何?

長時間パソコンやスマホを見続けたすぐ後に、ふと周囲に視線を向けるとしばらくの間視界がぼやけませんか?回復に時間が掛かるので、困ってしまいますよね。

 

これは、視力が下がっている事も原因かもしれないですが、一時的な事であれば、視点を変えても目のピントが画面に合わせたままになっている事で起きています。

 

普段から目を酷使しすぎたせいで、目自体が疲労してしまい、ピントを調節する機能が弱って、俗にいう「スマホ老眼」を起こしているかもしれないですね。

 

えんきんんのお試し購入キャンペーン

 

「スマホ老眼」は普通の「老眼」とは違うの?

 

普通の「老眼」とは

 

普通の老眼は加齢が主な原因です。年を取れば誰にでも起こりうることです。大体30歳あたりから始まり、40代半ばで自覚症状が出てきます。

 

近くの物がぼやけて見えてきたり、目のピントを合わせるのに時間が掛かるようになったりします。見たいものから目を離すと、見えるようなってきます。

 

年齢を重ねた事で目の筋肉の収縮力が低下し、更に水晶体も硬くなってきますから、近くを見た時に水晶体の厚さを調節する働きが鈍って、網膜のピントを上手く調節できなくなってきます。

 

老眼の原因は毛様体筋が老化したことで起こるので、治る事はありません。ただ進行を遅くしたり、症状を軽くすることが出来る事もあります。

 

 

「スマホ老眼」とは

 

スマホ老眼はスマホやパソコンを使い過ぎた事による目の疲労が原因となって起こります。年齢を問わずに発症しますが、最近は20〜30代の若い世代に多いといわれています。

 

まず度億の物がぼやけて見えます。ピントを調節する機能が弱ってきてるので、視線を変えると近くの物がぼやけたり霞んだりします。

 

水晶体はまだ柔らかいままになってますが、目の筋力(毛様体筋)の収縮する力が弱まっていますから、水晶体の厚さを調節する機能が鈍ってしまい、ピンと合わせが上手く行かなくなるのです。大体は目を休めれば治っていきます。

 

「スマホ老眼」を放置しすぎると大変なことになります。

 

目を休める事で「スマホ老眼」で治っていきますが、だからといってこのスマホ老眼を放置して、症状が起きるままにしておくと、ピントが近いところでそのまま固まってしまう事があるというのです。しかも場合によっては首や肩のコリ、頭痛などの原因となっていきます。

 

しかも元から近眼の人はこのスマホ老眼で、視力の低下がさらに進んでしまったり、将来的に網膜剥離や緑内障といった、下手をすると失明に繋がラ病気のとなってしまいます。

 

スマホ老眼はすでに普通の老眼を発症してる、中高年にも起きます。目の霞みや目がひどく疲れた時などは老眼の進行を後押ししてきます。

 

こんな風にスマホ老眼は、放置しすぎると大変なことになってしまいます。視力が弱まっていく原因にもなりましから、日頃からパソコンやスマホを使う時には、十分に気を付けて使うことが大事です。目はとてても大事ですからね。

 

スマホ老眼は一度かかってしまうと治りませんから、十分に予防をしておきましょう。

 

えんきん スマホえんきん

えんきん

 

30代〜40代以降の目の疲れにはこれ!

 

内容量

28粒/約14日分×2袋

 

価格

1000円

約35円/一日あたり

 

スマホえんきん

 

パソコンやスマホによる目の疲れにはこれ!

 

内容量

28粒/約14日分×2袋

 

価格

780円

約27円/一日あたり