「えんきん」の中には目に良い物がそれはもう沢山入っています。

ファンケルの目に良いサプリ「えんきん」このサプリは4つの成分が力を合わせて目のピントのズレを調整してくれるのが特徴になっています。

 

実際、4週間飲み続けて目のピントのズレが改善してきたという臨床試験が公式公開されています。

 

それらの4つの成分は、目を守るという栄養素「ルテイン」や目に良いとされる果物「ブルーベリー(ビルベリー)」に入っている「アントシアニン」や「アスタキサンチン」それと「DHA」ですね。これらは各成分単体でも目に良い働きをする物ばかりになってます。

 

えんきんんのお試し購入キャンペーン

 

ルテイン

ルテインは、最近問題視されているパソコンやスマホなどの画面から発するという「ブルーライト」から来る目に悪い影響から目を守ってくれる成分として注目されています。

 

主にホウレン草やケール、とうもろこし、ブロッコリーなどの緑黄色野菜に沢山含まれています。

 

植物が光合成をおこなう際に必要な成分で、人間の体内にある目のレンズである「水晶体」や網膜にある、目の中では最も光が集まって視力を守っている「黄斑部」と呼ばれる部分に多く、ブルーライトなどの目に悪い影響を及ぼす光や活性酸素から目を守ってくれます。更に目の老化や病気などからも目を守ってくれるのです。

DHA

DHAとは「ドコサヘキサエン酸」の略で、イワシやサンマといった青魚に多く含まれています。よく脳の働きを活性化させる成分として知られていますが、目にも大事な成分の一つです。

 

人間の目で見た情報を視神経を伝って脳に伝達していくシステムは、脳に伝達情報送るのと同じ方法なので、DHCを摂取する事は、視力をよくする事にも貢献してくれるといいます。

アスタキサンチン

アスタキサンチンはサケやイクラ、タイやエビといった海産物に含まれ、動植物が持つ自然界に存在する色素カルデロイドの一種です。

 

強い抗酸化作用もあり、脂肪に溶けてしまう性質があり、栄養が届きにくいといわれる、眼球の奥まで入り込むことが出来たりします。この性質のお陰で眼精疲労にも効果があり、目の網膜や黄斑部にも存在して、目の中に出来る活性酸素を除去し、目をダメージから守ってくれるといいます。

シアニジン-3-グルコシド

あまり聞かない名前ですが、「アントシアニン」の一種です。アントシアニンとは植物に含まれている紫系の色素であり、主にブドウやブルーベリーやビルベリー、黒大豆といった食物に含まれ、光合成により作られるポリフェノールの1種です。

 

特にビルベリーに大量に含まれているといいます。アントシアニンには抗酸化作用や免疫力を向上させるなどの効果がありますが、特に目の健康を守ってくれる効果が多く、年齢や疲労などで弱ってくる視神経の働きを助けてくれる「ロドブシン」という目の網膜にあるタンパク質を活性化させて、目の疲労を回復したり、暗いところでの視力の順応を早めてくれる効果があります。

 

ルテインは様々な眼精疲労サプリでその中心として使われている成分なので、すでに知っていたかたも多かったのでは?「えんきん」ではこのルテインをはじめとしてさらにこんな有効成分が含まれているんです。